解剖いじめと屈辱の強制射精 その2

それは、いつもは解剖する側にいる子をシメた時の話です。
常々、解剖する側のグループで仲の悪い二人がいました。
そしてある日、AがBの悪口を、あること無いこと言いふらしたんです。

詳しく内容は知らないんですが、それにBが激怒して、
Aがいないときに「あいつをシメよう」という話が持ち上がりました。

そしていつものように放課後、誰もいなくなる放送室に集まって、
それは始まりました。 大体の学校にはあると思いますが、
放送室には撮影室のような部屋が続いていて、
広報ビデオなんかを撮るのに使われていました。

何も知らないAは、いつものごとく俺たちと一緒にそこへ来ると、
「今日は誰にするん?」とかにこやかに話していました。

そこへBが「お前だ」と言ったのを合図に、全員で飛び掛りました。
普段は五人でやってるんですが、今回は仲間を解剖するので、
四人になってしまい、チンコをシコるヤツがいなくなってしまったので、
急遽、そいつを用意していたガムテープで手足を縛ると、
一人が助っ人を呼びにいったんです。 でも、これが大変なことに・・・。

呼びに言ったやつが、クラスで解剖することを言い触れたらしく、
五、六人がついてきてしまったのです。

元々、全裸にしてからクラスの連中を呼ぶ予定だったんで、
けっきょく同じことだったんですが、脱がす段階からたくさん人がいると、
かなりエスカレートするもんなんですね。

一旦縛っていたガムテープをはがすと、
いつものように短パンの上から チンコを揉みまくって勃起させ、
そして上下ともに完全に脱がせました。

その時には観客は倍くらいにはなってました。
もちろん女子も遠巻きながら見てました。

かなり怒っていたBは、全裸のAを後ろ手に縛り上げると、
そばにあったビデオカメラでAの姿を撮影し始めたんです。

すでに半べそ状態だったAは、ここに来てしこられ、
いよいよ泣き喚き、 「それだけはやめて!」と盛んに首を振っていました。

Bはいつもは見せないかなり怖い表情で
「自業自得だ。絶対ゆるさねえからな」 と怒鳴りながら、
しこられる様子をビデオ撮影し、泣き叫びながら発射するAの様子を撮影しました。

泣き叫びながらも気持ちは良かったのか大量に
何度も何度もザーメンを発射したのが印象に残っています。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 5.9/10 (22 votes cast)

関連記事

解剖いじめと屈辱の強制射精 その1

中学2年の頃、一人の男子を呼び出して解剖するのが流行ってました。
4人くらいで手足を拘束して床に押さえつけ、一人が短パンの上から
チンコを揉みまくります。

大概の人は手足をバタつかせて「やめて!」って叫んで抵抗しますが、
半勃ちくらいになってくると、逆に静かになって、筋肉に力を込めて
勃起するのを耐えようとします。

でも、けっきょく完全勃起させてしまいます。
そうなったら短パンとパンツ(その当時はブリーフもそこそこいた)を脱がせ、
それらを奪い取ってしまい、イクまでシコれ」と命令します。

ほとんどの場合は、観念してシコって射精して解放されますが、
中にはあまりの恥ずかしさにうずくまってすすり泣くばかりの子もいて、
そういう時は再びみんなで押さえつけ、むき出しにした亀頭を脱がせた
短パンかパンツで思いっきりこすりまくったりして、
「やります!」って言うまで拷問のようなことをしました。

これはかなりきついらしく、脱がされる時よりも強い力で暴れるし、
先生に聞こえるんじゃないかと思うくらいでかい声で絶叫してました。
でも、これやると、短パンが濡れるくらい先走りが出るんですよねー。

竿も亀頭も真っ赤になって、風船みたく弾けそうなほど張り詰めるし、
罰としてやられてたことだけど、俺個人としては最初からそれをやってほしかった。

耐え切れずに「やります」って言ったら、同じようにシコらせてイかせたけど、
それでもなかなか言わないやつは、結局その拷問のままイっちゃったりしてました。

普通より何倍も時間かかって、長いやつは10分以上も拷問され続けてイきました。
亀頭を刺激してイク時って、なんか全身が痙攣するみたくなって面白かった。
でも、本当に書きたかったことは実はその解剖のことではないんです。

たった一度だけだけど、かなりひどいことをしたことがあるんです。
解剖いじめと屈辱の強制射精 その2へ続く。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 6.3/10 (44 votes cast)

関連記事

親友に勃起した男根を見られる

初めて書き込みます、ともひろと申します、27歳です。
僕は普段、人のいない神社の境内や、夜の公園の金網などに
自ら全裸で磔になりその姿をビデオに撮って自分を慰めています。

が、その恥ずかしい姿を他人から見られ更なる羞恥を味わいたいという願望が
押さえ切れなくなり、高校時代の友人(男性)に自分の願望を告白し、
先日、とうとう 全裸磔の刑を受けました。

決してゲイではないのですが、協力を頼める女性がいないのと、
(彼女には死んでも言えません。)同性に見られた方がより
恥ずかしいという思いから、同性の友人を選びました。

僕は自宅裏の倉庫に用意したハシゴを利用して組んだ十字架に、
紐とサラシで 作ったフンドシ一丁で自ら登り両手・両足を自縛しました。
そして、約束した 友人がビデオカメラを持って入ってくるのを待ちました。

その間、あまりの羞恥、 緊張、興奮、そして寒さもあり、震えが止まりませんでした。
そして5分くらい待ったのでしょうか。驚き・戸惑いを隠せない様子の友人に30分近く、
十字架に架けられ羞恥にまみれる姿をビデオに撮ってもらいました。

最後にはフンドシも外してもらい、生まれたままの姿を友人に晒すこととなった のです。
乳首もアソコも、これ以上ないくらい勃起していました。

涙が出るほど恥ずかしく、終ってすぐはあまりの羞恥と、
友人に迷惑をかけた後悔の念で、もう絶対にやめようと思いました。

今、その時のビデオを見ながら書き込みしています。
ですが、今はすでに更なる羞恥を体が求めています。
もっと恥ずかしい責めを十字架の上で受けたかった。

友人はこれ以上を拒むかもしれませんが、僕の体はこんな羞恥を知ってしまい、
おそらく、やめられないと思います。全裸での十字架磔。
(さらに長い棒で下から 陰部、乳首を責めてもらいました。)

最終的には昼間の野外(神社の境内など)で磔にされた姿を責められ、
ビデオに撮られたいと思っています。複数に衆人環視されるのが理想なのですが、
プライベートでは難しいですよね。
————————————————————————————
ともひろ君、自らお願いした事とはいえ、男、それも高校時代の友人に
フンドシ一丁の姿を見られたなんて、死ぬほど恥ずかしかったろう?

それも、磔にされた惨めな姿だもんね。当然、両足を開いて縛られた大の字縛りだよね?
友人を待つ間に、興奮してペニスがフンドシを突き上げてたんじゃな い?

サラシのフンドシにはシミが広がってたんだろうな。
友人は、そんなともひろ君をどう見てたのかな?

高校時代、一緒に遊んだともひろ君が、磔に架けられて身悶えながら、
異常な興奮に下着を濡らし ている・・・。友人におねだりしたのかい?

フンドシを脱がせて、一番恥ずかしい所を晒して下さい、って。
紐を解かれた瞬間に、弾けるように反り上がる ともひろ君のペニスが見えるようだよ。
隠したくても、手も足も大きく開いて縛られていたらできないよね。

囚われの身で、友人に撮影されながら棒で弄ばれ、遂には射精させられちゃうなんて、
普通の男だったら恥ずかしくて失神しちゃうだろうな。

こんな姿に憧れてるんだろう?金網に縛られて、衆人環視の中、
断末魔 の叫び声を上げながら精液を噴き上げるともひろ君。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.8/10 (4 votes cast)

関連記事

強制獣姦 犬に犯される野郎

前略、手紙ありがとう。うれしく読みました。
(中略) 又、雄犬とサカると雄犬の真っ赤なペニスが直腸の奥までぐんぐん入ってきて、
金玉の上のロクジョウ根がカチカチに膨らみ、サカったまま抜けなくなります。

その状態で腰を振られると凄く気持ちよく、
大型犬との交尾は女なんか目じゃないほど気持ちがよくて、
一度したら病み付きになるほど良いとのことです。

ただ難点は雄犬の射精が終わるまで抜けないため、
人に見られないか気が気ではないとのことです。

(中略)

そもそも俺が獣姦に非常に興奮するようになったのは、
あるカップルと二組でプレイしたとき、俺の見ている前で俺の恋人
(元体育会系で男らしく、人よりかなりいい顔をしてい ます。)が、
大型犬にバックを掘られる現場を見たからです。

元々彼は露出の気があり複数の男にレイプまがいに犯されるのを好み、
人に見られてのセックスに激しく燃え上がります。

彼らの家で軽いSMプレイをしているうちに、いつの間にか俺も縛られ、
口にビキニを入 れられ身動きできなくなった俺の目の前で、
俺の恋人を二人で攻めだした。

後ろ手に縛り、スッ裸にした俺の恋人の口を吸い、
乳首を揉みしだき、卑猥な言葉を投げ かけながら蹂躙されているのに、
それに感じ、興奮し、透明のマラ汁を溢れさせ、ソフトにハードに
ペニスと袋を責め続けられ、一層甘いヨガリ声を上げていた。

体を縛られ、棹と玉を分けてきつく縛られ、その上、
棹をケツの方に引っ張り出された無 様な格好の男のケツを、
高くあげた四つん這いにさせ、ケツマンコを広げ舐めまくり、

ケツの方に出ている棹と玉おグチュグチュ音を立てて揉みしだき、
20㎝はあろうかと思う 濡れてヌルヌルのデカマラをケツマンコに突っ込み、
サカっているところが俺によく見え るようにして、浅く深くゆっくりと腰を振り出した。

ケツを掘られながらチンポを揉まれ、もう一人のチンポを口にくわえさせられ、
乳首を責 められ、男がケツを振る度にケツマンコからグチュグチュと卑猥な音をあげ、
くぐもったヨガリ声があがり、いつしか出してくれと泣き叫んでいた。

ラッシュを嗅がされ、興奮に獣になった男に、二人は、
「こいつまるで犬みたいやなぁ。こんなええ男と犬がオメコしているとこ見てみたいなぁ。
サカらしてみょうか」 と言いだし、もう一人が、ちょうど発情している
雄犬がいるからサカらしてみようということになった。

庭から、雄の大型犬を部屋に入れると、発情期特有の犬のペニスは、
毛の間から真っ赤な 舌のような先を5㎝程のぞかせており、部屋に入るなり、
飼い主の腰にすがりつき、足にペニスをこすりつけ腰を振り出した。

二人は犬を離し、四つん這いの男の所に連れて行き、
男のマラと金玉とケツマンコにバタ ーを塗りたくり雄犬をけしかけた。
ケツの方に出ているバターの付いたギンギンのマラと金玉をペチャペチャと
音を立てて舐 め回すと、犬のざらつく舌の感触が快感となり、
マラはこれ以上大きくならないほどに堅くなり、

「いい、いい、チンポ気持ちいい」
と凄まじいほどのヨガリ声をあげ始めた。

そのうち、大型犬はケツマンコを舐め始め、四つん這いの男に覆い被さり
ペニスをこすりつけているとどんどんでかくなり、赤青いズルムケのものが
男のケツマンコに突っ込まれ、激しく腰を振り出した。

最初は激しく抵抗し、暴れ回っていた男も二人がかりで押さえつけられ、
犬のチンポが男 のケツマンコに入り腰を振り出すと、三人の男の前で見られながらの
異常な体験に興奮し、快感に抵抗できず雄犬のやるままになった。

犬と男の交尾に激しく興奮した二人は、結合部を上から下から覗き込み、
「スゲェなぁ。メチャ興奮するなぁ」
「おい、見て見ろよ!チンポからスゲェ汁を垂らして、こいつ凄く感じてるぞ。
犬にケツ マンコ掘られて、そんなに気持ちいいのかよ」

「俺、一度あれ見てみたいんやけど、ケツとケツをくっつけてサカっているやつ。
水ぶっかけてみようか」
などと言って、首を引っ張り、犬のケツをたたき、しばらく犬を引っ張っていると、
何かの拍子に犬が逆向きになり、ケツとケツをくっつけサカった状態になった。

犬のしっぽを 持ち上げると、男のケツマンコに犬のチンポが根本まで入り、
根本が大きく膨らみガッチリ入り込み、引っ張っても抜けなくなっていた。

犬が動く度に犬のケツとケツをくっつけた状態で部屋中を引っ張り回され、
本当に犬と男 の交尾の物凄さに、三人とも興奮に我を忘れた。

そのうち、サカったまま男がケツを振りだし、犬の動きが止まり涎を流し目が潤み、
ビクッと犬の射精と同時に、縛った男のマラから白濁の寒天のような
ドロドロの汁が溢れ滴り落ちた。

誰も触らないのに射精した。 犬を引っ張り引き離すと、
ズボッという音を立てて犬のチンポが抜け、その穴から大量の
犬の白い精液が滴り落ちた。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 5.6/10 (80 votes cast)

関連記事

男に犯される快感に目覚める

はじめは好奇心からでした。
もともと高校の頃からアナルオナニーをしていてバイブなどを使っていました。
しかし男は気持ち悪く、空想では女の人にペニバンで突かれながら
しごかれることを夢見ていました。

それが風俗で性感に行き、本当にペニバンも経験してからだんだん
本物の生ペニスを味わってみたいという気持ちが高まってきました。

そしてあるサイトでメールのやりとりからはじめ、1年前、とうとう経験しました。
やさしそうな50歳代の人。抵抗感がありましたが、男のちんぽを咥えることも
だんだん嬉しくなり、アナルの貫通も痛いながらもそれなりの快感がありました。

でも本当は、まだわかっていなかったのです…。 オンナにされる深い喜びが…。
何回か会い、彼のモノを咥え、アナルを責められました。

2回目からは彼はわたしを縛るようになり、それがかえって、男とするのは嫌なのに
無理矢理やられているようでゾクゾクしてくるのがわかりました。

そしてそのうち わたしがイっても自分は出さずに、
さらにわたしを刺激し強制射精をさせるようになりました。
指やディルドで前立腺を刺激し何度も射精させるのです。

3回、4回と射精させられるともう苦痛で、
「お願い、もう許して」と頼みますが許してくれません。

そして、とうとうわたしのちんぽが立たなくなると、そこからいよいよわたしの
アナルに再び自分のチンポを入れてくるのです。 わたしは喘ぎ、
萎えたちんぽを揺らしながら彼の男根をアナルに受け入れていました。

ただ、つらく、彼が解放してくれるのを待ちながら。
そういうことが何回かありました。 そしてある日のことです。
彼のチンポがアナルを出入りしているときでした。

その日も自分はもう射精し尽くして縛られ、尻をあげ、犯されていました。
ふと、彼の性欲処理のためだけに犯されているという思いが、脳裏に浮かびました。
…そのときです。わたしは物凄い被虐感に襲われたのです…!

同時に腰のあたりから今までにない快感が湧きあがってきました!
彼を自分の穴で受け止め、串刺しにされている! 彼のモノになっている…!
彼のオンナにされている…! そんな気持ちでいっぱいになりました。

思わず、声をあげ、部屋中に響き渡る声で「いいっ!いいっ!」と叫びました。
アナル全体が強烈な快感に包まれました。腸壁全体で感じていました。
「おまえも、やっと俺のオンナになったな」彼がいい、腰をガンガン突いてきます。
あっあっと鳴きながらわたしは快楽をむさぼりました。

それ以来、わたしはオンナにされた悦びに浸っているのです。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 10.0/10 (3 votes cast)

関連記事

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review