全米でゲイ・プライドのパレード、同性愛の誇りをアピール

ゲイパレードの季節ですね。チンタはゲイパレード好きです。
日本ではゲイの間にも派手なパフォーマンスに対する否定的な意見などがあって、
なかなか盛り上がりそうにはないですね。

批判的な意見としては、
デモなんだから派手にする必要がない。
そんなことするから余計に偏見が助長するといった。ところでしょうか。

海外なんかのパレードには派手なパフォーマンスを見に
たくさんの観光客が見に来ますし、その注目の大きさからスポンサーもついてくれます。

規模が大きくなり、団結のパワーを見せることで
いろんな方面に対する圧力もかけやすくなりますよね!

単に黙々と歩いていただけではこういう風にならなかったのではないかと思います。
日本人の場合はゲイパレードだけに限らず、
デモとかそういうこと自体になじみが薄いのでしょうがない部分もありますが。
————————————
(CNN) 全米各地で27日、同性愛者の誇りをアピールするゲイ・プライド・パレードが開かれ、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーやその支持者たちが権利の平等と差別反対を訴えて通りを練り歩き、街はお祭りムードに包まれた。
ニューヨークではさまざまな年齢や職業の参加者が、派手な衣装姿やほとんど何も身に着けない姿でパレードに加わった。中には市内のカトリック教会に所属する信者らの一団もあったが、横断幕に教会名を入れてはいけないという大司教の命令に従い、空白の横断幕を掲げて行進した。
一方、昨年は50万人以上を集めたという全米有数の規模で知られるミネソタ州ミネアポリスのパレードは、関連グッズなどを売るテントが並び、お祭り色の濃いイベントに。こうした中、聖書を配って同性愛反対を説く男性や、その男性に論争を挑もうとする参加者の姿も見られた。
サンフランシスコではパレード絡みとみられる事件も起きた。警察によると、パレード前夜の「ピンク・サタデー」のパーティーで3人が撃たれ、地元メディアによれば男性1人が死亡している。
CNNより
今回のゲイパレードのものではなく、ゲイの結婚に関する法案に対するデモの時のものです。
ゲイプライド01
結婚すれば人生は変わる。Shelly & Ellen 同棲して35年。カリフォルニアで2度結婚しました。
ゲイプライド02
ゲイ82歳 未だにゲイとしての権利を求めてます。(俺が死ぬまでに頼む!)、
1965年に警官にゲイということで暴行を受けました。未だにゲイとしての権利を求めてます。
ゲイプライド03

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review