大阪SM調教 老紳士と若者 その9

そして・・・自分では想像しては自慰をしていた、
とても勇気の出せなかった状況に今追いつめられたのです。
見知らぬ男達の目の前で、たったひとり全裸で縛られ
手で隠すことすらできずに立ちすくむ自分。

逃げることも言い訳することもできません。
店員が嘲るように言ったまさに「マゾな変態」をさらけ出しているのです。
頭が真っ白になり、腰が抜けたようになりガクガクふるえています。

ずーんと腹から重いものが降りてゆく感じがして、
肛門が緩み脱糞しそうな気がしました(腹の中はからっぽでしたが)
店は細長い作りになっていて、10人ほどが座れるカウンターが満席になっていました。

全員の目がこちらに注がれました。自分にはとても長く感じられましたが、
一瞬のことだったのでしょう。

すぐにカラオケは再開され、みんなそれぞれ会話も始めました。
しかし明らかに店の中に入ってきた全裸の少年に
みんなの好奇心は注がれていたようです。

(後で聞いた話ですが、そういった露出行為はハードプレーの客の場合
たまにやるようです。ただ年配のMが褌など一丁で引き回されることが
多く自分のような幼い少年がそれも全裸でというのは珍しかったようです)
その10へ続く

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 4.0/10 (2 votes cast)
大阪SM調教 老紳士と若者 その9, 4.0 out of 10 based on 2 ratings

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review