コンビニバイトで万引きがバレた大学生の悲劇 その11

僕はただされるがままで、吐き気をこらえ続けました。
この拷問のようなリズムが永遠に続くかと思い始めたとき、徐々に動きが早まりました。

「あぁ、あっ。イキそう。・・・ちゃんと受け止めろよ」
そう言ったかと思うとオーナーは身体をビクッとさせ、僕の口に大量の白濁液を発しました。
「きれいに飲み込めよ」
精液を飲むのは初めての経験でした。変な味がして、吐きそうになりましたが必死に堪えました。
僕は正座の状態で放心していました。

気づくとオーナーは身を整えて横に立っていました。
僕は顔を上げた刹那、激しい衝撃と共に、床に倒されました。
オーナーが、僕の胸の辺りを足で蹴ったのです。
正座をしていた僕は、倒されて床に仰向けの状態になりました。
後ろに縛られた手が、圧迫感で痛みを感じます。

呻く僕を意に介さず、オーナーは僕の頭から首筋、胸や腹を靴を履いたままの足でなぞり始めました。
優しく愛撫するかのような感触が続いたかと思えば、急に力を入れて蹴るような動作を繰り返しました。
僕の思考回路は混乱して止まったまま。

愛情のない足の愛撫が続くうち、僕の敏感な部分が再び反応を始めました。
いや、反応したことに僕は気づきませんでした。
「おうおう。若いねぇ。変態だな、これは」
オーナーの声で、初めて自分自身の屹立に気づいたのでした。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 9.0/10 (1 vote cast)
コンビニバイトで万引きがバレた大学生の悲劇 その11, 9.0 out of 10 based on 1 rating

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review