祭りに参加した少年がおじさんに調教される その45

僕はブリーフを脱ぐことに躊躇していました。
中谷君と結ばれた後の夏休みに、中谷君と一緒に
海水浴場で六尺褌で泳いでいたことで、尻に六尺跡が残っていたことや、
この前、中谷君と逢った時にチクチクしていた陰毛を剃ったばかりなので、
おじさん達にばれてしまうのが怖くて、なかなか脱げませんでした。

 なかなかブリーフを脱がない僕に業を煮やしたのか、
おじさんは僕のブリーフを両手でつかむと一気に引き下げました。
すぐ、両手で覆って性器を隠しましたが、後ろで見ていた年輩の人が、
僕の尻にあった六尺灼けの跡を見たのか、
「この坊や、六尺褌を締めるのか」と聞いてきました。

おじさんが「そうです。祭りで締めていました」と応えましたが、
その年輩の人が「この坊や、海でも締めていたみたいだよ」と
僕が海水浴場で六尺褌を締めていたことを言い当てました。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 7.4/10 (5 votes cast)
祭りに参加した少年がおじさんに調教される その45, 7.4 out of 10 based on 5 ratings

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review