祭りに参加した少年がおじさんに調教される その35

僕はイキそうになり体を固くすると、中谷君はおもむろに口を離して、
今度は僕の両 足を中谷君に持ち上げられてしまいました。
股から肛門が中谷君に丸見えでになりまし た。

それから、僕の股や肛門に舌を這わせてきました。
僕の肛門を舐められた時はあまりの気持ちの良さに、
再び声を上げてしまった程です。僕は「汚いから、止めて」と思 いながらも、
先走る快感に酔いしれていました。

中谷君は僕の両足を肩にかけると、
中谷君は自分の性器を僕の肛門に当てました。
「中谷君も入れるんだな」と思ったのですが、なかなか挿入できません。
ローションなど高校生の僕達には持ち合わせている訳でもなく、
中谷君は唾をしきりに性器の先に塗りつけて、やっと挿入されました。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review