祭りに参加した少年がおじさんに調教される その17

冷たい牛乳を渡された時は一気に飲み干してしまいました。
出された朝食をみんなで 食べ始めた頃から、会話が始まりました。 
おじさんは悪びれた様子も見せず、

「昨日は気持ち良かったろう」と聞いてきます。
僕は恥ずかしくて何て答えようかと思って中谷君を見たら、
中谷君が俯きながら「ウン」と頷いたのには驚きましたが、
それで緊張の糸がほぐれて、雰囲気が和らいだようでした。

昨日の酔ったいきさつや、何よりもおじさんやお兄さんが
昨日の集会場の着替えの段階から僕たちに目を付けていたことや、
着替えの時に二人が勃起したことで、その才能があると見込んでいたようでした。  

その日の夕刻からの祭りにも参加するので、
それまではおじさんの家で滞在することになりました。
はんてんは干して、褌はおじさんが持っている晒をもらって、
みんなで褌を締めました。  

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review