祭りに参加した少年がおじさんに調教される その8

おじさんは「坊主、隣の子と同じように、もっと、いいこと教えてやる」と言って、
僕の両足を赤ん坊のオシメを代えるように片手で持ち上げ、
尻に冷たいぬるぬるした液体を塗りつけました。

肛門に中指をはわして、中に指を突っ込んできました。
「痛っ」と尻に力を入れると、指を抜いてくれたのですが、
何度か指を出し入れした後、 肛門を指でマッサージし始めました。  

始めは痛かったものの、マッサージをされる内に、
だんだん慣れてきたら、痛みよりも肛門が
痺れるような感覚になってきました。

一方、中谷君と僕は手を握りあったたままです。
腰を押しつけたお兄さんの動きが激 しくなっていた後、
お兄さんの動きが急に止まり「うっ」と叫ぶと、
中谷君に覆い被さり、動かなくなりました。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 8.0/10 (1 vote cast)
祭りに参加した少年がおじさんに調教される その8, 8.0 out of 10 based on 1 rating

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review