祭りに参加した少年がおじさんに調教される その6

自分はとんでもないことをされていると思っていても、
酔いで体が動かなかったのと、 何よりも今までにない快感が体の中を走り抜けて、
「うぅ~ん」と声を上げそうになっ ていました。

  一方、暗闇で良く見えないながらも、
自分の横では中谷君がうつぶせにさせられて、  
誰かが中谷君の腰を持ち上げて、中谷君の尻にしきりに
何かを押しつけているように 見えました。
「痛い~」と聞こえたのはやっぱり中谷君の声だったのです。  

中谷君が「ハァ~、ハァ~」と喘ぎ声に似た
息遣いが荒く聞こえている中、自分はおじさんの口の中で
射精してしまいました。

体をよじらせて「あっ」と自分も声を出して しまったので、
おじさんに自分が意識を回復したことを気付かれてしまったようです

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 3.5/10 (2 votes cast)
祭りに参加した少年がおじさんに調教される その6, 3.5 out of 10 based on 2 ratings

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review