爆発する感情…止まらない想い… Spiral 第八章 

螺旋の迷宮に陥った七人。それぞれの思いが重なり、出口のない物語を創り出す。狂い乱れる愛の調べ・淫らに戯れる運命、全てが一つになった時螺旋は加速し始める…。」第八章、家に帰って来た「ひろき」。それを出迎えたのは発展場で「仁」と求めあっていた「さとし」である。『一緒にお風呂に入ろうと』促されるが、一人で湯船に浸かる。あの「ひかる」という少年が頭から離れず、走馬灯のように頭の中を駆け巡る。そんな思いを断ち切ろうと「さとし」のカラダを求める。何かを察知したのかいつもは答えてくれる「さとし」が拒絶した。ふと我に返った「ひろき」は、優しく抱きしめる。「さとし」はいつもの優しい「ひろき」に戻った事に安心し、唇を重ね合わせた。言葉なんて無い。ただただ二人の喘ぎ声が部屋中に響き渡る。冬だというのに汗が滴り落ちてくる。「ひかる」を「さとし」に重ね合わせているのか、それとも純粋に「さとし」を愛しているのか。それは分からない。ただ、「ひろき」は夢中でSEXに没頭している。何かの答えを見つけるように…。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review