娘のマンマン大丈夫?「クパクパ体操」と向き合う父親の不安と孤独

 娘のマンマン大丈夫? 「クパクパ体操」と向き合う父親の不安と孤独

 

女の子の赤ちゃんのマンマンってどんな形か知ってますか?
「将来、病気にならないようにマンコを開いたりしないといけないの?」
「マンマンのクパクパ体操はいつからするべきなの?」
など娘のマンコの状態を心配する父親に、母親がかける言葉とは。

 

マンマンを見ない「ダメ父」

 

何がどう「正常」と違うのか、さっぱりわからなかった。

診察室で、娘を抱いて下半身を医師に見せる。

医師 「娘さんがおしっこをするとき、オマンマンは風船のように膨らみますか?」

私 「……わかりません」

娘はおむつをしている。おしっこをする瞬間を見る機会はほとんどない。

それでも、罪悪感に襲われた。

 

マンマンとの格闘がはじまった

 

結論からいうと、格闘はすぐにやめた。
1カ月間ほど風呂上がりにやってみたが、娘が号泣したからだ。

 

毎晩、2人きりの部屋で、フローリングに寝かせたわが子のマンマンを
親指と人差し指で広げては戻すのを繰り返す。泣き声が響く。
血がにじんだこともあった。そこまでしてやる必要があるのか、
と悩んで調べたところ、「マン皮翻転指導」と呼ばれるこの方法は、
小児科医や泌尿器科医ら専門家の間で、必要性について意見がわかれていることを知った。
だが実際は、育児雑誌やネットで知った情報を元に、
自己流でやっている父親たちが少なくない。

 

歯科勤務の男性(30)は、妊娠中に育児雑誌で赤ちゃんのオマンマンの問題を知った。
ネットで調べた方法で、長女(5カ月)が新生児の時から、
沐浴やおむつ替えの時に皮を引っ張って広げている。

 

「垢がたまったり不潔になったりしないように気をつけています。
将来、感染症にならないかと心配です」

 

取材した父親の中には、
「彼氏ができた時に呆れられたら困る」
と10年後、20年後を心配している人がおり、私も例外ではなかった。
「娘は将来、開いてあげた僕に感謝するはず」と話す父親もいた。

 

「クパクパ体操」でネットを検索すると、大量の情報がヒットする。
不安にかられて夜な夜な情報を集めている父親が、一体どれほどいるのだろう。
娘のおマンマンと向き合っている父親にこそ、向き合う人が必要ではないだろうか。

(参照元:息子のちんちん大丈夫? 「むきむき体操」とむきあう母親の不安と孤独)
——————————–

 

たまに話題になったりしてるけど逆はないのよね。

 

男の子の包茎の衛生状態をきれいに保つことは大事なのに
女の子のマンコの衛生状態はどうでもいいの?w

 

女(母親)は男(息子)の体を知らない。
逆もしかりなんだけども。

 

マンマンは手を入れて洗う必要があるのか、石鹸使って奥までごしごしするのか、
シャワーをバーッと強くあてればいいのか、弱なのかあたしは知らない。

 

拭くときも表面だけ拭くのか、中も拭くのか、
ひっくり返してぬぐうのかあたしは知らない。

 

父子家庭で純粋な気持ちでクパクパ体操やってあげてて、
娘が誰かにパパに毎日マンマン触られてるとか言っちゃうと終わるよね。
嫌と言ってもパパが止めてくれないの。とか最凶じゃない?w

 

親が介入してでも性器を徹底的に清潔にすることが重要だったら、
問題としてはこちらのほうが深刻だよね。
リスクを考えると放置したほうが安全だもの。

 

男子はきれいにしましょう。で話題になるけど
女子は放置で華麗にスルー。

 

理由は?
女性は不浄の存在だから?www

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 9.0/10 (1 vote cast)
娘のマンマン大丈夫?「クパクパ体操」と向き合う父親の不安と孤独, 9.0 out of 10 based on 1 rating

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review