寸止め射精調教 たかしの場合 その1

171*65*31@東京在住のたかしです。
普通体型で鍛えてはいませんが、肩幅は広いほうなので、
がっしりした体型と言われることもあります。
短髪でもなければ、髭面でもなく、ごく普通のリーマン系だと思います。

ご主人様の前では、性器を隠すことは許されていません。
僕は全裸で首輪をはめられています。

むしろ、チンポはいつでも自由に触れるようにしていなければいけません。
そうしたうえで、ご主人様の調教は、徹底的で執拗なまでのチンポへの調教です。

チンポ、特に亀頭を中心とした寸止め調教で、理性を失わせ、
男の悦びを叩き込むことで、淫乱なチンポへと仕込んでいかれるのです。
チンポの調教は、メニューがいくつか決まっています。

まずは四つん這いの格好になり、脚は大きく広げます。
仮性包茎の皮をわざと剥かずに包皮を被せたまま、
竿を握られ、ゆっくりとしごかれていきます。

まるで乳牛の乳搾りをされているような感じで、
カリ首をしごかれながら、ときおり、金玉やアナルも揉まれたりします。
硬く勃起したチンポの先は我慢汁でグチョグチョになり、腰を振りながら悶え耐えます。

しかし、いきそうになっても勝手にミルクを放出してはいけないのです。
もし許可なくミルクを漏らしてしまったら、さらに屈辱的な仕打ちを受けてしまいます。
その代わり、いきそうになったら必ず直前に申告するよう命じられています。

いきそうになる直前「イク!」と言えば、チンポへのしごきは止めてもらえます。
でも止めてもらえるのは最大30秒までです。

30秒が経過するか、そのまえに気分が落ち着けば、再びしごきは再開されます。
そんなことが1時間ほど繰り返され、何回途中で止めたかを記録されるのです。
次の調教時は、この記録を超えるように頑張らないといけません。

寸止め調教 たかしの場合 その2へ続く

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 5.2/10 (16 votes cast)
寸止め射精調教 たかしの場合 その1, 5.2 out of 10 based on 16 ratings

関連記事

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | T-Mobile Phones for Sale at BestInCellPhones.com | Thanks to Free Phones at iCellPhoneDeals.com, Free MMORPG Games and Fat burning furnace review